一人暮らしでテレビを見て笑うのは実は良いこと。その理由とは?




今回の記事では、一人暮らしをしていてテレビを見ながら笑うことは、実はいいことである理由について紹介します。

一人暮らしをしていると、一人なのに気づいたらテレビに話しかけていたり、爆笑していたりする経験は一度はあると思います。

一般的に、「それはやばいやつ」や、「寂しい人」と思われがちですが、

それは大間違いで実は一人で笑えることはとても良いことなんです。その理由についてお伝えします。

笑うことはいいこと

笑うことは、脳を活性化させたり、顔の筋肉も鍛えられたりと良いことだらけです。

笑う門には福来る」ということわざがありますよね?

笑っているといいことがある。

「ほんとかよっ!」って思う人かもしれませんが、

僕は本当だと信じています。

良いことがあり、笑顔になって、さらにまた良いことが立て続けに起きた経験は今までありませんか?

誰しもそのような経験はあるはずです。

自分自身が気づいていないだけで、笑うことは、周りも笑顔にさせてパワーを与えることができます。

例えば、無愛想な人よりいつもニコニコしている人の方が、友達が多かったり、いろんな人と話しているイメージありますよね?

それがまさに笑顔のパワーです。

なので、テレビをみて一人で笑ったとしても、次の日もいい気分で過ごすことができ、それが人間関係にも影響を与えるので、

人のことなんか気にせずたくさん笑いましょう!

素直な心をもっている

「一人でテレビ見ながら笑うのはただのやばいやつだよ」と友達に言われる時があると思いますが、

それは逆で、その友達が気づいていないだけで、その友達自身が寂しいのです。

人は基本的に自分と逆の行動をする人を批判するので、

その友達は少しひねくれていたり、何かと言い訳をつけて物事を考えています。

それに比べて一人でも笑ってしまう人は、素直にその物事をとらえて、自分の感情を素直に表現することができている証拠です。

なので、そういう人は綺麗な心をもっているため、泣いたり笑ったり喜怒哀楽が分かりやすく、人から愛されやすいです。

だから、全くその友達の意見を気にする必要はないので安心してください。

集中力が高い証拠

しっかり集中してテレビを見ているから、一人でも笑えることができます。

どんなに面白いテレビでも、スマホを見ながら見ていたり、何かをしながらテレビを見ると、

大事な部分を聞き逃したりしてしまい、笑う部分を見逃してしまいます。

そしてたとえテレビを見ることであろうと、一つのことに集中できるということは、

一つの長所」です。

例えば、何やっても集中できない人っていますよね?

そういう人たちより集中力がはるかに高い証拠ですので、自分の良い所という自覚をもってください!

幸せな証拠

1人でも笑えることは、日々の生活が充実していて幸せな証拠です。

テレビを見ても全く笑えないというのは、実はストレスがたまっていたり、

つらいことがあったりとネガテイブになっていることがほとんどです。

例えば好きな人に告白したのに、いきなり笑えと言われても、心の底から笑えませんよね?

それと同じで、心のどこかで悩みを抱えていたりしています。

なので、1人でも笑えることができるというのは、毎日ストレスなく生活できるている証拠なので、安心してください。

逆に笑えなくなった時が心配なので・・・

その時はしっかり自分と見つめ合いましょう。

まとめ

とにかく人からの意見を気にしすぎる必要はありません!

面白いから笑っている、それが人間の本能なので、一人でテレビをみて笑っているのは極めて自然なことです。

障害があって笑いたくても笑えない人がいます。それだけ、笑えるというのは本当に幸せなことです。

辛い時は泣く、楽しい時は笑う、これでいいじゃないですか?

その方がストレスなく生きていけますし、自分が辛い時は友達や周りの人が必ず助けてくれます。

逆に一人でテレビを笑っているという人がいたら、「幸せな証拠だね」と教えてあげて下さい。

そうすればきっと、いや、必ずお互い幸せな生活ができるでしょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です