大学生が休みの日に家で引きこもり楽しく過ごす方法




今回の記事では、大学生が休みの日に家で一人引きこもり、楽しく過ごす方法について紹介します。

大学生は人生の夏休みと言われるくらい休みの日が多く、かといって特にすることもなく、1日中家で過ごすという方も多いと思います。

特に予定のない日は、目覚ましもセットせずに二度寝してお昼前後に起きて、ご飯を食べて寝てというのを繰り返して、

いつの間にか1日が終わってしまう、なんて日もあると思います。

僕も最初の頃はホントにすることがなさすぎて、干からびてました。笑

ただ、そういった日にオススメな一人でも楽しめる方法あるので紹介します!

YouTubeを見る

僕がオススメのユーチューバーはラファエルさんという方です。

いつも仮面を着けてグレーのパーカーを着ているのがトレードマークで動画の内容が、下ネタ系やドッキリ系が多く女性の本音が分かったりするなど大学生にとっては地味にタメになる動画が多いです。

例えば女子大学生に経験人数をインタビューする動画があったりして、年頃の大学生の男にとっては気になるけど、

リアルでは聞けないことだと思うのでいつの間にか、ニヤニヤしながら観てしまっています。

イヤホンしてでも家族の前で見るのはやめましょう(ニヤニヤしていたらキモがられるので)。

なによりラファエルさんの一本一本の動画の時間は15分前後ぐらいでとても見やすくオススメです。

料理をする

普段料理をしていないようでしたら、なおさら料理をすることをオススメします。

一人暮らしの場合、自炊するのが面倒でコンビニ弁当や外食が多くなってしまいがちで、栄養も偏ってきますので簡単な料理からでもいいので挑戦してみて下さい。

外食ばかりだと太ってしまったり肌が荒れてしまったりといいことがありません。。。

僕が大学生の頃に実際に作っていた料理は、麻婆豆腐の素と豆腐を買って、お米を炊いて麻婆豆腐丼なんかを作ったりしていました。

作り方は本当に簡単で、フライパンに麻婆豆腐の素と水を一緒に入れて温めて豆腐を入れて麻婆豆腐は出来上がりです。

普通に美味しくできますし、自分で作った料理というのはやはり何でも美味しく感じます。

それと、もし友達などが遊びに来たら作ってあげることもできますし、料理ができる男はやはりモテますので極めてみるのもいいと思います。

女の子を家に呼ぶ口実として「〇〇作るから家おいでよ」と誘うこともできますのでチャレンジしてみてください。(この時はもう料理なんかに集中できないですが。笑)

半身浴をする

一人暮らしの場合、普段はシャワーで済ます人が多いですが、お湯を溜めて浴槽に浸かりましょう。

温かいお湯に浸かることで、血行が良くなり新陳代謝もよくなり体内の不純物も排出されるので普段の疲れも解消されます。

それとお湯に浸かりながらYouTubeを見たり音楽を聴いたり、読書をしたりすることでリラックスすることができますので、是非やってみてください。

※リラックスしすぎて浸かりながら寝てしまうというのだけは注意しましょう。笑

スマホアプリを使って友達を作る

今はスマホのマッチングアプリで簡単に異性と繋がれるので、これは本当にオススメです。

無料のアプリでいうとTinderや有料のアプリでいうとペアーズやwithなどがあり大学生でやっている人もかなり多いです。

家で引きこもりながら友達も作ることもできますので、暇つぶしにもなりますのでやって損はないです。

オススメなのはwithという有料アプリで、月額3000円ぐらいかかるのですが、女性会員も割と真剣にやっている人が多いのでメッセージが返ってきやすいです。

僕自身ご飯とかも一緒に行けているのでオススメです。

やはり最初は抵抗があると思いすが、周りに聞いてみると実はやっている人が多かったりします。

そこで知り合った女の子とご飯に行く機会が増えてきたら、家で一人でいる時間も減ってくるはずですので、充実した大学生活を送ることができます。

まとめ

大学生で一人暮らしを始めて、「休みの日にすることない」って悩んでいたら是非以上のことを実践してみてください。

気分もリフレッシュできますし、新たな発見ができるはずです。

1日中寝るという選択肢もありますが、せっかくの休日ですので何かして1日を終えましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です