なで肩の人のバッグはリュックが絶対にオススメ!トートバッグはやめておけ!




なで肩でどんなバックがいいのか似合うのか分からないと思ったことありませんか?

僕もなで肩なので、クラッチバッグにしてみたり、トートバッグにしてみたり色々試してみました。

でもやっぱりラクな方がいいと思い、最終的にリュックが1番なで肩には合っていると思いました。

僕のなで肩の友達もリュックを愛用しています。

その理由について今からお伝えします。

読んで頂ければ、「どのバッグにしようか」と迷うことは一切無くなりますので、是非参考にしてみてください。

トートバッグだと肩から落ちる

画像引用:WEAR

大学生になると基本的にリュックかトートバッグで分かれます。

というのも、授業があるので教科書などの荷物をそれなりに入るバッグにする必要があるので、必然的にリュックかトートバッグになります。

そこで僕はなで肩とか全く気にしたことがなかったので、「トートバッグの方がかっこよくね?」というアホ丸出しの理由でトートバッグを選びました。(形から入るタイプです笑)

買った時は「これならかっこいいし、荷物も入って完璧だ!」なんて思っていました。

たしかに見た目はかっこいいと思っていました。

しかし、なんかイライラしました。

「んもぉぉお!」とトートバッグを背負ってる時にイライラしてました。

肩にかける部分が何回もずり落ちてきたからなんですね。

しかも、肩からずり落ちるのでTシャツも一緒にのび、気づいたら肩の部分だけヨレヨレになっていた、なんてこともありました。

なで肩あるあるですよね。笑

その時初めてなで肩だから、トートバッグだと落ちてくるんだということに気づきました。

片方の肩にかけるからトートバッグだとずれてくるんだと思い、次にリュックに変えました。

リュックだと全然落ちてこない!

トートバッグからリュックに変えてみて、重い荷物でも肩から全然落ちてこないじゃん!と感動しました。

リュックだと両肩でしっかり支えられているおかげで、どちらか一方に負荷がかかることもないので、落ちてこないんですね。

しかし、リュックによっては落ちてくるものもあります。

詳しくは別の記事で紹介しますが、主な原因として、ショルダーの部分がフニャフニャだからです。

安物によくあるのですが、ショルダーの部分がしっかりしていると落ちてくることはまずありえません。

もし仮にショルダーの部分がフニャフニャでも、トートバッグに比べたら落ちてくる頻度は少ないです。

そして疲労もかなり軽減されます。

なので、絶対になで肩の人はリュックをオススメします!

調子に乗ってクラッチバッグも試してみた

画像引用:WEAR

クラッチバッグを持って自分を鏡で見たのですが、なで肩がさらに目立っていました。

どういうことかというと、片方の腕に負荷がかかるので、そっちの肩だけクラッチバッグの重さにつられて下がっていたのです。

なで肩でただでさえ肩が下がっているように見えるのに、クラッチバッグせいでもっと肩だ下がってしまいました!

なのでクラッチバッグとなで肩の相性は良くないです。

ただクラッチバッグを持つことによって、もちろんトートバッグのように肩からずり落ちることはないので、そういったストレスはありません。

なで肩を別に見られても気にしないという人なら、クラッチバッグでもいいと思います。

ただ僕の場合、手汗がひどいタイプなので、クラッチバッグだと手で支えなければいけなく、そのせいでどんどん手汗がでてきました。

クラッチバッグを置いて自分の手を見ると、「こんな手、人に見せれない!」と思いすぐにズボンで拭きまくりました。笑

僕のようになで肩+手汗がひどい人にはクラッチバッグはオススメしません。笑

まとめ

なで肩の人のバッグは絶対にリュックが最強です。

リュックの選び方さえ間違えなければ、肩からずり落ちることなく背負うことができます。

そして何よりストレスが他のバッグに比べて明らかに少ないのもいいところです。

なで肩に悩みどのバッグがいいのか悩んでいたら、まずリュックにしてみてください。

トートバッグもおしゃれでいいなと思うかもしれませんが、その時の一時的な感情に流されて、一回だけ使って使いにくいと感じゴミになる可能性が高いです。(僕自身経験済みです)

参考になればと思います!ここまで読んで頂きありがとうございました!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です