彼女と別れる理由に嘘をついても大丈夫!その3つ理由とは?




彼女と付き合っていて、なんか飽きたし別れたいと思ったことありませんか?

僕の場合すぐに目移りをしてしまうので、大学生の時は付き合ってはすぐに別れてを繰り返していました。

その結果13人もの女性と付き合っていたことになりました。

その時に、別れる理由について何回も悩みましたが、一番平和に別れられるように嘘をついていました。

なぜ、別れる理由に嘘をついても大丈夫なのか?

その理由についてお伝えします。

読んで頂ければ、今の気持ちが整理できますし、吹っ切れることができるので参考にしてください。

彼女と別れるのに嘘をついても大丈夫

彼女と別れるのに、嘘をついても全然大丈夫です。

ただし、1年以上付き合っている人なら嘘が見抜かれる可能性があります。

なので、あくまで半年以内の人は嘘をついても大丈夫です。

僕自身、半年以内に付き合っては別れてを繰り返していた時期があります。

おそらく誰もが一度は半年以内に別れてしまう経験あると思います。

別にそれが悪いことではありません。

ただ、それより好きでもないのに付き合って、嘘をついてでも別れを切り出せない方が、

彼女を悲しませることになります。

別れる理由に嘘をついてもいい理由

それでは、もっと詳しく別れる理由に嘘をついても大丈夫な理由についてお伝えします。

その理由は3つあります。

  • 無理に付き合っても続かない
  • 嘘をつくことで彼女を苦しませないならそっちの方がいい
  • 半年以内なら彼女も素直に受け入れてくれる

それぞれ詳しく説明していきます。

無理に付き合っても続かない

別れる理由に嘘をつけず、別れをなかなか言い出せずイヤイヤと付き合っても長続きしません。

だったら嘘をついてでも別れた方がいいですよね?

逆の立場で考えてみてください。

彼女が自分のことをもう好きではないのにも関わらずデートしてくれていたらどうでしょうか?

なんか悲しくなりますよね。

「こっちの一方通行で、相手は何も楽しんでなかったんだ・・」と思うと、

「早く別れを切り出してほしかった!」と言いたくなりますよね。

つまり、嘘をついてでも別れた方が彼女のためにもなりますし、自分のためにもなるのです。

嘘をつくことで彼女を苦しませないならそっちの方がいい

別れる理由に嘘をつくことで、彼女を苦しませないなら絶対にそっちの方がいいです。

なぜなら、本当のことを言って彼女を傷つけてしまうことがあるからです。

僕の体験談の一つで、どうしても彼女の口臭が気になって別れたいと思ったことがあるんですね。

でもその時はそれが理由で、別れたいなんて言うことができませんでした。

女性で口臭が・・・なんて言われたらどうでしょうか?

男の僕たちでも結構傷つきますよね。(もちろん僕は毎日歯磨きしてますよ!)

女性ならもっと傷つきますよね。もしかしたら、彼女自身の今後の恋愛にも支障がでてくるかもしれないですよね。

好きな男性とデートしている時も、自分の口臭をが臭くないのかとかなり気になったり、

下手したら付き合った彼氏にフラれたら「今回も口臭が原因なのかな?」と思い込み、

どんどん恋愛ができなくなっていく体質になっていくことも考えられます。

なので、別れたい理由が彼女を傷つけたり、今後の人生に大きく関わることなら、絶対に嘘をついた方がいいのです。

もし仮にその区別がつかないようでしたら、自分が言われたらどう思うのかを考えて見てください。

そうすれば必ず答えがでてきます。

半年以内なら彼女も素直に受け入れてくれる

別れる理由に嘘をついても、半年以内なら彼女も素直に受け入れてくれます。

なぜなら、半年以内ならまだ思い出もたくさんあるわけでもなく、

女性としては早めに「ダメならダメ」と言ってくれた方がいいと思っているからです。

といのも女性は、20代前半ぐらいから結婚したいという人は多いのです。

男性の僕たちからすると、まだまだ結婚なんてイメージできないですし、もう少し遊びたいと思いますよね。

しかし女性は、20歳を超えると次に付き合う人と結婚したいと思っています。

結婚するには何年付き合って、この歳で結婚したいということを女性は考えています。

女性って計算高いですよね。

僕なんて「いつか結婚できたらいいなぁ。できれば自分のドストライクの女性で胸は・・・」なんてことばかり考えています。笑

なので、半年以内に他の女性に目移りして別れたいと思ったら、嘘をついてでも別れた方がいいのです。

それが彼女にとっては、結婚に近づくための大事なステップになるからです。

別れる理由に嘘をつくのは全て彼女のため

別れる理由に嘘をついても大丈夫な理由をお伝えしましたが、

全て彼女のため」だと分かってくれたかと思います。

つまり、彼女に嘘をついたことで自分が最低なことをしたなんて思う必要は一切ないのです。

しかし、女友達に別れる理由に嘘をついて別れたと言ったら、あまりいいように思われないでしょう。

そもそも男と女の考え方は絶対に一致するわけがありません。

なので女友達に相談したところで意味がないです。

まとめ

付き合っている期間が半年以内の場合、別れる理由に嘘をついても全く問題ありません。

「全ては彼女のため」でもあるからです。

嘘をつくことで、お互いがいい気持ちで別れることができるのなら、そっちの方が幸せになれるに違いありません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です