好きな人との電話で緊張する時は、たった1つのことを意識すれば解決できる!




好きな人と電話する時に、緊張して「何話せばいかわからなくてどうしよ」と思った経験があると思います。

そのせいでLINEの通話ボタンをなかなか押せずに何日もたってしまったなんてことも。。。

そしてなかなか距離も縮めることができずに、いつの間にか好きな人に彼女ができてしまったという後悔してしまうこともあります。

なので、どうしたら好きな人と緊張しないで電話することができるのかお伝えします。

たった1つことを意識するだけで気持ちもラクになって話すことができるようになります。

友達のことを話そうと意識をするだけ!

好きな人と電話する時に、友達のことを話す意識をするだけで緊張は抑えられます。

「え、ホントにこれだけ?」と思ったかと思います。

実際にホントにこれだけでびっくりするくらい、緊張は抑えられますし、長電話もすることができます。

そもそも好きな人と電話するのに緊張するのはなぜなのかお伝えします。

緊張する原因は自分のことを話そうとしているから

好きな人と電話する時に緊張してしまう原因は、

・自分が面白いことを話さないといけない。

・相手を引きつけることができる話をしないといけない。

などといったとにかく自分のことを話そうと思い込んでいるからなんですね。

僕も、恋愛経験がほとんどない時は、好きな人と電話したいけど話す話題もないし、おもしろいこと言えないし、と悩んでいました。

特別自慢できることもなく、芸人みたいに面白い話ができません。今も変わらずですが。笑

でも、別に電話することで自分のことを話さないといけないという決まりはありませんよね。

テレビドラマのことや周りで起きた出来事などの話でも全然大丈夫ということです。

その中でも友達の話をするのが1番話しやすく自然体で伝えることができると思います。

特に仲のいい友達の話だったら永遠に話すことできますよね!

俺の友達はアホでよく左右違う靴下を履いくるんだけど、めちゃくちゃ優しくていいやつで・・・と話せるはずです。

その時って自分のことではないので、緊張ということを忘れて楽しく話せているんですね。なので、それを好きな人にも話せばいいんです!

好きな人はあなたの面白エピソードなどは決して求めていません。求めているのは、あなたが話をしているということです。

違いわかりましたか?

分かりやすく説明すると、あなた自身のエピソードではなく、あなたから話しているエピソードです。

ただ友達のことを一方的に話していては、相手もつまらないので、さらにコツがあります。

それは、

笑いを共有すること

ある時僕の仲の良い友達4人で家でウイニングイレブン通称ウイイレというサッカーゲームしながら遊んでいる時に「なんかクサイなぁ〜」と3人が感じていました。

何のニオイなのか調べてみたところ、

その3人以外の1人の友達の足がめちゃくちゃクサかったんですね!笑

もうその時はみんな爆笑でしたよ!「クサすぎだわ!」とニオイをこらえながら笑いまくりました。

そしてその話を当時好きだった女の子に話をしてみたら、思っていた通り爆笑してくれました。笑

女の子によっては汚い!とか下品とか言いますが、それはそれで相手との距離が縮まります。

話していた時のことを振り返ると、緊張せずにとにかく楽しく話すことができていたんですね。

女の子からは「ホントに楽しそうに話すね」と言われました。つまり緊張している感じは全く伝わっていなかったんです。

友達と遊んでいる時に起きた笑いというのは、好きな人と話す時に大きな武器になります。

なので、好きな人と電話するのに緊張するし何話せばいいか分からないと思った時は、最近自分の周りで起きた面白かったことをそのまま伝えてください。

その時のことを思い出しながら話すことで、よりリアルに伝わり相手にも共有することができます。

その結果、「〇〇君(あなたの名前)って面白い!」と言ってもらえることができます。

「特に自分のことを話したわけではないのに」と思うかもしれませんが、あなたが話したから面白いという風にとらえてくれるんですね。

まとめ

好きな人と電話するのに緊張してしまう時は、友達のおもしろエピソードを話すことを意識してみましょう。

「自分のことを話さないといけない」と思い込んでしまうと、うまく話そうとしたりしてしまうので緊張してしまいます。

なので、「最近起きた面白いことを知ってほしい!」ぐらいの気持ちで話せば自然と笑いにもなり、いつの間にか距離が縮めることができ、

気づいたら惚れられていたなんてこともあります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です