個人経営のバイトはメリットだけではない!デメリットも理解しないと後悔するよ




個人経営のバイトが楽って聞いたことありませんか?

チェーン店と比べて個人経営の方がルールや規則が緩そうなイメージですよね。

そう思って僕は、家の近くの個人経営のお蕎麦屋さんで働いたことがあります。

たしかに個人経営のバイトはメリットもたくさんあります。

しかしその一方でデメリットもありました。

そのデメリットを知っておかないと、大学生にとっては生活に支障がでてきてしまいますので、是非参考にしてください。

個人経営のバイトのメリット

まずは個人経営のお店でバイトするメリットからお話しします。

メリットは3つあります。

  • 常連客と仲良くなれる
  • 可愛がってもらえる
  • まかないをたくさん食べれる

それぞれ言えるのが、家族のように接してくれるのが個人経営の大きなメリットです。

常連客と仲良くなれる

個人経営ということもあり、常連客が多いのが特徴です。

その地域の人に愛されているお店という感覚ですね。

僕が働いていたお蕎麦屋さんは何十年も続いているお店だったので、比較的年配のお客さんが多かったです。

その分、その常連客の方からはすぐに僕の顔や名前を覚えて頂けました。

注文を受けるときには、「いつもの!」と言ってくれるくらい信頼もしてくれました。

嬉しいことなのですが、忙しいときに話しかけられると、

「さすがに空気読んで!忙しいから話しかけないで!」と思ったりもしました。笑

でも、常連客と仲良くなれるとバイトも楽しくなるので個人経営ならではのメリットです。

可愛がってもらえる

個人経営でバイトをしていると、その店長さんに自分がまるで子供かのように可愛がってくれます。

というのも個人経営のお店はバイトの人数が少ないので、一人一人のバイトに対して、

家族のように愛情を持って接してくれるからです。

僕の場合、少し皿を落としたりしただけで「ケガはしてない?絆創膏いる?」と心配してくれます。

本当にお皿1枚割れただけですよ。絶対にケガするレベルでもないのに大袈裟に心配てしくれるのです。

大学生になるとなかなか心配されるってことはなると思います。

しかし個人経営のお店でバイトしたことによって、人の温かみを感じることができました。

チェーン店の場合だと常にバイトを募集しており、

一人辞めたところでどうってことないので馬車馬のように働かされます。

一方で個人経営のお店は、一人一人大切に仕事の内容を教えてくれます。

結果的にすごく可愛がってもらえて長期間働けることができます。

まかないを無料でたくさん食べれる

個人経営のお店だとまかないをたくさん無料で食べることができます。

一人暮らしの僕にとっては、これは本当にありがたいことでした。

しかも個人経営のお店の場合、まかないもかなり美味しいです。

チェーン店だと冷凍の料理が多いですが、個人経営のお店だと1から作ってくれるので、

家庭の味っぽくて実家に帰った感覚になれます。

バイトを大切にしてくれていることから、一人暮らしの僕に対して「しっかり家で食べてる?」と心配してくれて、

まかないを食べる度に「おかわりは大丈夫?」と言ってくれました。

「さすがにそれ以上入らないよ!」というくらい食べさせられたこともありますが、

食費も浮いたので非常に助かりました。

個人経営のバイトのデメリット

メリットばかりをお伝えしましたが、もちろんデメリットもあります。

いい話の裏には絶対に何かしらありますからね。笑

デメリットには3つあります。

  • バイトの人数が少ないから休みづらい
  • 辞めると言いづらい
  • お客さんが少ないと早めに閉めるので安定して稼げない

それぞれ説明していきます。

バイトの人数が少ないから休みづらい

チェーン店と違って個人経営のお店はバイトの人数が少ないです。

その分誰か一人が欠勤すると、お店を回すが大変になってしまいます。

僕が働いていたお蕎麦屋さんは、店長とその奥さんとバイト2人でお店を回していました。

バイト1人が休むと、そのもう一人のバイトにかなり負担になり迷惑をかけることになってしまいます。

なので、少し風邪気味でも「迷惑をかけるから行かないと!」と無理する必要がありました。

一方でチェーン店の場合だと、バイトの人数はたくさんいるので、

少し体がだるかったり、サボりたい気分だったらそこまで気にすることなく休むことができるのです。

サボることはよくないですが、たまにどうしても行きたくない気分になりますよね。

そういうときに、個人経営のお店だと休みづらいので責任感がない人には向いていません。

僕のように責任感がなくて、サボる理由を考えてしまう人には個人経営のお店は向かないということです。

辞めると言いづらい

個人経営のバイトは辞めると言いづらいです。

なぜなら、メリットでもある家族のように接してくれるからです。

家族のように接してくれたらこそ、辞めるのが申し訳ない気持ちになりますよね。

「今までまかないもたくさん食べさせてくれたし、心配もしてくれたから、辞めるなんか言ったら嫌われるのではないか」

と思ってしましますよね。

僕も、今月辞めたいけどいつ言おうか何回も悩みました。結局その月には言えず次の月に言いました。

もちろんその時店長は悲しそうな顔をしていました。

でも決して僕を止めずに、受け入れてくれました。

辞めるのは言いづらいけど、しっかり僕の意見も尊重してくれたのです。

ただやはり辞めると言いづらいので、そのモヤモヤした期間を乗り越えるのがしんどかったです。

お客さんが少ないと早めに閉めるので安定して稼げない

個人経営のお店の場合、休業期間も自由に決めれる分、お店の閉店時間もその日によって変えることができます。

その結果、お店にお客さんが少ないと閉店時間の1時間前に閉めてしまうこともあります。

そうすると、1時間分の時給が減るので給料が減ってしまいます。

僕はシフトを組む時に、このぐらいのシフトなら◯万になると決めて出しています。

それがズレてくるので、安定的に稼ぐことができなかったのです。

「今月給料思ったより少ないし、生活カツカツだぁ〜」と思ったことが何度もあります。

それに比べてチェーン店だと、お客さんが少なくても閉店時間きっちりに閉めるので、シフト分しっかり稼ぐことができます。

僕みたいな人にはチェーン店のバイトがオススメ

僕みたいに、安定的にしっかりと稼ぎたくて飽き性の人にはチェーン店がオススメです。

特に飽き性の人は、個人経営のお店の人に可愛がられると、辞めたくても辞めると言いづらく、

その葛藤と戦わないといけなくなります。

その結果、他のバイトをしたいのにその葛藤している時間が大きな無駄になってしまうのです。

まとめ

個人経営のバイトにはメリットもあり、デメリットもあります。

友達からは個人経営をオススメされるかもしれませんが、

デメリットもあり、それが自分にとって合わないことだってあります。

なのであなたが何を基準にバイトを選ぶのかを明確にしておくといいでしょう。

がっつり稼ぎたいならチェーン店だし、

ゆっくりと暇つぶし感覚で働きたいなら個人経営のお店がオススメです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です